妊婦の女性と子供たちだけは。

確実に安全だといえる方策を国は採用してほしいものです。


先日東京都の妊婦の母乳から微量なセシウムが検出されたとこと・・・
震災前後に妊娠中、出産を迎えた方は東日本に多くいます。
その方々の不安はどれだけなのでしょうか・・・・。


想像しただけでこちらが辛くなりますから。


私の会社の取引先にも3月に妊娠初期だった女性がいますが、色々と不安なことを多いと嘆いていました。


自分のことならばまだしも、これから生まれてくる子供たちまで影響が及ぶことに絶対にさせてはいけません!
子供達は日本の未来の宝ですから。


福島県の学校の放射線許容量年間20ミリシーベルトの件もそうですが、ちょっと政府は危機管理に対してルーズ過ぎる気がします。
大したことなかったようにしたい、という意図が見え見え。


日本は他の先進国に比べてマスコミや政府の言う事を、そのまま信じてしまうらしいですが今回の震災でそれもなくなったでしょう。
本当政府と国民全員が力をあわせていくべきだと思うのですが・・・。


ひとりひとりが出来ることは微力ですが、今回ばかりは力をあわせなければ乗り越えられない苦難でしょう。


三ヶ月程たって、皆危機感が緩んでいる時期だとは思いますが、ここで再度気を引き締めることが重要ですね。